雨が降る日曜の夕方にこっそりと

テレビのインタビューとかで、「奇跡」のことについて尋ねられたら、あなたはなんと返答する?「食欲」って、人によって受け止め方が全然違うかもね。

泣きながら熱弁する姉ちゃんと冷たい肉まん

飲み会などのアルコールのお供に、まあまあ体に良い食材を!と考えている。
しばらくのお気に入りだったのは、トマト。
その前はマグロ。
で、近頃は、鰻だけれど、高いので断念。
昨日、新たなおつまみを考え出した。
買い物に行けば90円くらいのエリンギ。
細かく刻んで、オリーブオイルで炒めて、味の素と醤油を少々ふりかけて整えたもの。
非常に価格はリーズナブルだし、KCALも低い気がしませんか。

目を閉じて踊る姉妹と枯れた森
此の程、娘が家の外で楽しまない。
日差しが強いからだろうか、家の中で遊べるものがとっても増えたからか。
少し前までは、とてもいつもの広場に遊びに行きたがっていたのに、今は、わずかも出かけたがらない。
まあ、男親から見て、考えても考えても困ることもなく、気にしないが、しかし妻はちょびっとでも複雑らしい。
けれど、暑すぎる場所でいさせるのも熱中症が不安だ。

気持ち良さそうに走る友達と俺

この一眼レフのカメラは、昨日、波打ち際で見つけた。
その日、8月の終わり頃で、中ごろで、いつもと比較して暑くてたくさん汗をかいた。
マルイで買い物中、大好きな彼女と言い合いになって、もう口を利きたくないと告げられた。
それで深夜、家からこの砂浜まで歩いてやってきて、海岸を散歩していた。
すると、少々砂をかぶったこの一眼に出会った。
持ち帰って、試しに夜景フォトを一枚撮影してみた。
この落とし主より、うまく撮れるかもしれない。
恋人の笑顔撮れたらなー、とか、意外とピント調節って丁度良くならないなーとか心の中で思っていた。
明日あたり、なんとか会えたら、恋人に自分が悪かったと謝るつもりだ。
解決したら、この一眼レフ、交番に届けるつもりだ。

よく晴れた土曜の明け方にゆっくりと
暑い季節らしいことを特にしていないが、友人とさ来週、コテージを借りBBQをする。
暑い季節の恒例だけれど、たまには、息抜きになる。
男のメンバーが少人数なので、めっちゃ色々と準備をしないといけない。
特に、バーベキューの準備が、女性だと不得意な人がけっこういるので、頑張らないと。
だけれどたぶんみんなでアルコールをがぶがぶ飲むその時は、ビールをほどほどにするように気をつけよう。

風の強い週末の夜は微笑んで

布団に入ってそれでも、眠りに入れないことがあれば、新作映画をゆっくり見てしまう。
昨日の夜見た映画は、「エスター」というタイトルの米国作品だった。
話の中心の、エスターと言う子はしっかりしているけれど少々個性的な9歳の女の子。
終わりには驚きの結末が見れる。
それは観賞の中盤で、終わり方が分かる人がいるか疑問なほど予想外の真実。
それは、ドキッとさせるのではなく、恐ろしくゾクゾクとするような終わり方だった。
作品は、日頃の私の真夜中の時を満足させてくれる。
その時は、いつもアルコールとつまみもお供しているので、体重が増えてしまうのが良くない。

気どりながら叫ぶ友達と私
今考えると、小学校入学から、高校生までそんなに向学心を持って生活してこなかった。
周りが向上心を持って取り組んでいても、私は指示された内容をひたすら行うといった感じだったと思う。
それでも、大学に入ってから私の好奇心をそそる分野の勉強に変わると、知識がスムーズに頭に入るようになった。
それから、就職をして、研修期間を経て本当の業務になると、次は頑張って学習せざるを得なくなった。
しんどいなど感じる暇もなく、どうしても学習する時期が続いた。
こういった生活をしばらくすると、ふと学校時代に怠った学習をまたしたいと思うようになった。
現在では、同じことを言っている人が周りにたくさんいる。

雹が降った木曜の日没は昔を思い出す

ネットニュースを毎日見るけど、新聞を見ることも好きだった。
現在は、0円で閲覧できるインターネットニュースが色々あるので、新聞、雑誌はお金がかかりもったいなくて買わなくなってしまった。
ただ、小さなころから読んでいたからか、新聞のほうが短時間でたくさんの量の情報を得ることができていたけれど、インターネットニュースのほうがつながりのあるニュースをおっていくことが出来るので、濃いところまで調べやすい点はある。
一般的な情報から関わりのある深いところまで調べやすいけれど、受けなさそうな情報も新聞は目立ちにくいぐらい小さくても記載しているので目に入るけれど、ネットだと自分でそこまでいかなければ目につかない。
ごく最近では、米国のデフォルトになるという話がとても気になる。
債務不履行状態になるわけないと普通は思うけれど、もしそうなったら、どの国も必ず影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

湿気の多い水曜の夕方は歩いてみる
久しぶりの外での仕事の日、初めて業務で同行したAさんという年配の方は、がっしりとした大先輩だ。
一番初めに会った時以降怖くて、業務以外のお話は少しもお話したことがなかった。
その際、何気なくAさんの半袖になったうでを拝見して衝撃を受けた!
大粒のパワーストーンブレスレット10個以上目に入ったため。
思わず、パワーストーン興味があるんですね!と言ってしまったほど。
そしたらAさんは得意げに、いきなり可愛い顔で、種類別の天然石の名前紹介してくれた。

目を閉じて体操する姉妹と飛行機雲

石田衣良さんという小説家に魅せられたのは、愛ちゃんの家で。
愛がいない部屋という短編が詰まった文庫本が本棚に置かれていたから。
故郷の長野のお母さんが読んでいたものだそうで、その後米や商品券と一緒に宅配便で送ってくれたようだ。
その頃はまだまだ有名でなく、世に知れていなかった石田衣良。
愛ちゃんは元々手記や経済、マナー本などは読む。
しかし、所謂ライトノベルは読む気がしないそうで、愛がいない部屋を私にプレゼントされた。
彼女の母親は何を思いながら、この本を手に取ったのだろう。

よく晴れた水曜の早朝に想い出に浸る
名高い見学箇所である、法隆寺へ出向いた。
法隆寺独特だという伽藍配置もしっかり見学できて、立派な五重塔、講堂も見ることができた。
展示室で、国宝にも指定されている玉虫厨子があり、想像よりも少しだけ大きかった。
このお寺に関して身につけるにはきっと、多くの時を欲するのではないかと思う。


PAGE TOP

テレビのインタビューとかで、「奇跡」のことについて尋ねられたら、あなたはなんと返答する?「食欲」って、人によって受け止め方が全然違うかもね。
Copyright (C) 2015 満月は丘のつむじ風に合う All Rights Reserved.