雨が上がった平日の夜に友人と

「悟り」は好きかな?嫌いかな?さまざま思いがあるかもわかんないけど、それほど悪くなんてないよね、「策略」。そうだよね?

笑顔で体操する彼と冷めた夕飯

一時期、体の状態があまり良くない上に、食生活と、眠りの質が悪かったので、シミが激増した。
嫌だなあと考え、食生活を改善することを誓い、健康に良い事をやってみようと情報収集をした。
そこで崇拝されていたのが、ニチレイアセロラジュースだ。
今に至るまで毎晩飲むことにしている。
あのレモンよりもCがたくさん摂取できるとの事だ。
コンディションと美は何と言ってもビタミンから出来るのかもしれない。

凍えそうな平日の夕暮れに想い出に浸る
ものすごく甘い食べ物が好きで、甘いおやつなどをつくります。
普通に泡だて器で頑張って混ぜて、型に入れオーブンで焼いて作っていたけれど、このごろ、ホームベーカリーで作成してみた、とっても手軽でした。
娘にも食べさせるので、ニンジンを混ぜたり、バナナを混ぜたり、栄養がとれるようにも心がけている。
シュガーが少なめでもニンジンや野菜の甘さがあることによって、好んで口にしてくれます。
近頃は、スイーツ男子という言葉もテレビであるから普通だけども、昔は、お菓子を焼いているいるといったら不思議に思われることが多かったです。
最近は、そういった男が増えたよねと言われてそれも寂しい。

陽気に話すあいつと季節はずれの雪

昔、短大を卒業してすぐ、仲良しの3人で飛行機で釜山に旅行に向かった。
初の海外旅行で、ホテルに1泊2日の宿泊だった。
メインストリートを随分観光して、楽しんでいたけれど、そのうち道に迷ってしまった。
日本語は、全然理解されないし、韓国語も全然通じなかった。
その時、韓国の男性が流暢な日本語で道を伝えてくれた。
学生時代に日本の大学に滞在して日本語の知識習得をしたらしい。
おかげさまで、無事、順調な韓国めぐりを続けることが可能になった。
帰国の日、タクシー乗り場で道を教えてくれたその人にまたばったり会った。
「またきてください」と言ってくれたので、私は韓国が印象的な国になった。
いつも行ける時には韓国旅行が実現される。

天気の良い金曜の朝はお酒を
暑い季節はビールがすごくうまいけれど、ここ最近あまり飲まなくなった。
大学生のころは、どれだけでも飲めたのに、年をとって次の日の朝に残るようになってそんなに飲まなくなった。
ビアガーデンにも新社会人になった頃はとてもあこがれ、行くことがたいそう楽しみだったけれど、仕事の関係であきるほど行って、自分の中では、現在、いいイメージがない。
けれど、取引先との付き合いの関わりでものすごく久しぶりにビアガーデンに行った。
大変久々にうまかったのだけれども、テンションが上がってたいそうビールを飲みすぎて、やはり、次の日に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

よく晴れた木曜の早朝は想い出に浸る

久しぶりに、麻衣子と明日香と海外旅行に行きました。
2人とも、私が通っていた学生時代の友人で、一緒に頑張った仲です。
しかも、学んだのは旅行関係と英検なので、旅行が好きな生徒たちであふれていました。
特に、この2人を含む、仲のいい6人でさまざまな地へ宿泊した思い出は懐かしい。
私は元々それ程友人が多い方でもないし、それでそれで良いと満足しています。
という事で、純粋にうれしかったけれど、隣で麻衣子が満足そうな感じだったのもツボでした。

寒い日曜の昼に歩いてみる
大学生のころよりNHK教育テレビを見ることがめちゃめちゃ多くなった。
昔は、母親やじいちゃんが見ていたら、民放の映像が見たいのにと思っていたが、最近は、NHKを好んで見る。
若者向きのものがめちゃめちゃ少ないと考えていたけれど、近頃は、年配向け以外の番組も多くなったと思う。
そして私が、かたい番組も好んで見るようになった。
それ以外に、暴力的でない内容のものや息子に悪い影響がとっても少ない番組がNHKは多いので、子供がいる現在は視聴しやすい。
民放では、アンパンマンですらたいそう暴力的だと思う。
いつもぼこぼこにして解決だから、私の子供も私を殴るようになってしまった。

熱中して大声を出す弟と暑い日差し

大好きな音楽家はたくさん存在するけれど、近頃は洋楽を中心に選んでいた。
一方、日本の歌手の中から、大好きなのがチャラだ。
チャラは多くの作品を出している。
人気がある曲なのは、HEAVEN、ミルク、DUCAなどなど。
私たちの国、日本多くの音楽家が存在するが、チャラはCHARAは独特の個性がキラリと輝いている。
国内には、世界で曲を出す歌手も数多くいるが、彼女も人気が出るような予感がする。
「あたしなんで抱きしめたいんだろう?」「あたしを無人島に持って行って」
こう言ったタイトルが作られることに驚く。
ほとんど曲作りもしていて個人的には、想像力がありカリスマ的な魅力がある存在だ。
judy and maryのユキとコラボし、TOP10入りした、「愛の火、3つ、オレンジ」も、印象的。
かっこよかったから。
誰しも一回くらい、思う、思われたい感覚の事柄を、うまくキャッチフレーズのように表しているから。
キャッチフレーズコンテストなどに入賞されそうだ。

雪の降る金曜の日没は足を伸ばして
チカコとNYのAbercrombie & Fitchに入店した。
本当にここのカジュアルなコーデが気に入っている。
また、店内の高級感と、充満している匂いが。
1時間程うろついて、アバクロンビー&フィッチを出た。
チカコに言われて、自分が歩道を占領して、通れない人が後ろにいたので、ごめんなさい!と言って振り返る。
そういえば、店員さんだと思っていた男性。
笑顔で、いいえ、と言われた。
注目したのは、彼の手荷物。
Abercrombie & Fitchでどんだけ買ったの?と聞きたくなった。
その後、スターバックスでチカコとそのお兄さんの職業予測で話が弾んだ。
本当の事は永遠の謎だけど。

無我夢中で話す家族と暑い日差し

レフも、当然好きだけれど、それ以前にハマると言うくらい愛しているのがトイカメだ。
2000円強くらいで取り組みやすいトイカメラが気軽に持てるし、SDカードがあればパソコンですぐに再生できる。
現実味や、感動の一瞬を撮るには、一眼レフがお似合いだと思う。
だけど、その場の情緒や季節らしさを写す時には、トイカメには他のどれにもかなわないと推測する。

寒い仏滅の午前はひっそりと
どんなことでもいいので一個の好きなことを、長期で続けているような人に尊敬する。
ダイビングでも、絵画でも、凄く小さなことでも。
ワンシーズンに一回だけでも、いつもの友達で、あの温泉旅館に宿泊する!というような事も良いんじゃないかなと考える。
コツコツ地道に続けると絶対実用レベルまで到達することができるかもしれない。
あれは、小さな時、ピアノと編み物を教わっていたが、もっと頑張ればよかったな。
そんな風に実感するのは、家のの隅に祖母に貰ったピアノが置かれているから。
今の自分は全然分からないピアノだけど、時間ができたらもう一回弾きたいと考えている。


PAGE TOP

「悟り」は好きかな?嫌いかな?さまざま思いがあるかもわかんないけど、それほど悪くなんてないよね、「策略」。そうだよね?
Copyright (C) 2015 満月は丘のつむじ風に合う All Rights Reserved.